このページの本文へ移動 | メニューへ移動

河合塾グループ河合塾

オープンキャンパス
資料請求
お問い合わせ

ブログ

1年生デッサン授業

2017.07.19 15:44

1年生の枕木デッサンの講評風景です。
    
枕木デッサンからは、初めてのイーゼルデッサン!!
最初はイーゼルを自分でセットする所から始めました。
     
今回の授業はイーゼルの使い方の習得、目線の高さの違いによる見え方の変化を理解する内容です。
イーゼルは自分の描き易い位置に調整するまで、最初は時間が掛かりました。
    

1.jpg


講評会では坂場先生の提案で、学生全員の作品を並べて、学生による付せん投票を開催しました。


沢山の票をもらった学生に工夫した点・気をつけた点のコメントを発表してもらい、
投票した学生からも良かった点・自分の作品と比べた時の違いや感想を語りました。

      

   
「枕木の窪みがシッカリと出ている」、「枕木の重みが伝わるように描けている」などなど。
近づいたり、離れたりして、鑑賞をし、細部までシッカリと観て、発表をしていました。
   

最後に、坂場先生からの講評!!

フランスパン、積み木の立方体、と今までデッサンをしてきましたが、
「形体感が出るようになってきた学生が増えてきました」

「もっと上達するには、食らいついて描くことが大事」とのこと 。

  
2.jpg

3.jpg

4.jpg 


次のデッサンモチーフは「鳥の剥製」です。動物の骨格、動き、質感の表現を理解していきます。

5.jpg

1年生の前期のデッサンの授業はこの後は

「着衣モデル人物」→「裸婦モデル人物」→「牛頭骨を中心とした複合複物モチーフ」と制作と進めていきます。

体験入学の授業でもデッサンがありますので、高校生の皆さんはぜひ参加してみてくださいね

ブログ 関連情報

©Kawaijuku Group.